ホバートのダーツの価格が変わります!!

By 店長, 2014年9月23日


 

どうもご無沙汰しております。29歳になりました。ホバートマスターマサキです。
誕生日当日、先週末の誕生日会にお越しいただいて本当にありがとうございました。
これからも可愛がってください。そして友達や、知り合い、自分の誕生日会をホバートでしてください。お待ちしております。

 

さてホバートといえば大きいテレビや、ゲーム、映画などが楽しめるのはもう説明いらないと思いますが、当店で意外と人気ナノがダーツ。
『私ダーツなんてしたことないし…』なんて方にもなんだかんだ楽しんでプレイしてもらっておりますが、そのダーツのゲームの中の一つ『クリケット』と言うゲームの値段がお安くなったのでご紹介させていただきます。

 

まずはじめにクリケットとは…?

 

ダーツのクリケットゲームは様々なバリエーションが存在する。このセクションで記す最も一般的なクリケットゲームでは、得点に関係するターゲットナンバーは15から20の数字とブルだけである。それ以外のナンバーは得点に関係しない。
プレイヤーがターゲットナンバーのエリアに3本のダーツ(トリプルは3本、ダブルは2本に換算される)を入れた時点でそのエリアを自身の陣地(オープン)とすることが出来る。この自身の陣地となったエリアに更にダーツを入れることで得点として加算される。この場合、各ナンバーの数字分の得点が加算される。(20をオープンした場合、以後1本入れる毎に20点となる。)参加している全プレイヤーが同じナンバーを陣地としたエリアは無効となり、ダーツを入れても得点は加算されなくなる。なお、あるエリアを陣地とすることをクローズ(英: Close)、更にダーツを入れることをプッシュ(英: Push)、全プレイヤーが陣地とし、無効となることをキル(英: Kill)と言う。ルールによっては、200点以上の点差がついた場合、リードした側はそれ以上得点できなくなる。これをオーバー・キル(英: Over Kill)と言う。全てのエリアをクローズしたプレイヤーが最も高い得点を取った時点でそのプレイヤーの勝利となるが、ソフトダーツではラウンド制限も存在(通常15または20ラウンド)するため、最終ラウンドが終わった時点で最も得点の高い場合も(クローズの数に関わりなく)勝利となる。
先にエリアをクローズしたプレイヤーだけがそのエリアから得点を得られるため、基本的に後攻は先攻よりも得点の低いナンバーからしか得点できない。そのため先攻が有利となる。
スコアカードの記入方法は、1本目を入れた時に「/」と記入し、2本目を入れた時に「\」を書き加え「×」、クローズした時には「×」に更に「○」を書き加える。

ウィキペディア「クリケット(ダーツ)」より引用

 

と、まぁ簡単に言えば陣取りゲームの様なゲームなんですがこのゲーム当店では今まで1プレイ300円もしたんです。

ダーツの機械も古いのに300円は高すぎる!と言うことで今日からクリケット1ゲーム100円で出来るようになりましたので当店にお越しの際は是非遊んでみてください!
ルールがわからない方は僕が親切丁寧に教えるのでお気軽に!
マスターと対戦したい!って方もお待ちしています!
けど負けたらテキーラとかはべろべろになるから勘弁して下さいね☆

では最後に悪戦苦闘しながらクリケットを100円に変更する図を見ながら今日はお別れです!

IMG_0842
えーとココの設定をこうして…画面が上にあるので首が悲鳴をあげています。

IMG_0843
え?これどうやって金額変えるの?今のままだとタダでできちゃうんだけど…
なんと盤面の数字で金額を設定するというハイテク(?)な仕様でした。

IMG_0844
ワッフルおじさんが動作確認しろ!ってうるさいからなけなしの100円を使うことに…

IMG_0845
IMG_0846
ちゃんとスタンダードクリケットが1になってますね

 IMG_0847
ドキドキ…

 IMG_0849
出来たー!ちなみに501も100円にしたのでそちらもどうぞ!